最高の過ごし方

前項で離島が何もないと示しましたが、実際には何もないわけではありません。特に久米島は観光地や宿泊施設なども充実しており、退屈とは程遠い島です。ただ本島は那覇市中心であり、離島のようにのんびり過ごそうと思うのであれば北部まで行かなくてはいけません。離島は那覇のような都市部が存在していないので、のんびり過ごす以外の方法がないのです。

久米島は見どころが多い島です。のんびり過ごすというのは、かなりもったいない気がしますが、それでも一番のお勧めです。久米島には古民家が残されており、庭先に入ると“のんびり”の良さが分かると思います。台風の多い沖縄は屋根が低く、瓦は飛ばないように固められています。暑いように感じますが、部屋は繋がっていて風通しが非常によく、縁側に座ってみるとのんびりしたくなるのです。

久米島ではハテの浜は外せません。島の東側の沖合に浮かぶ真っ白な砂浜だけの小さな島です。その砂はサンゴでできており、実際に手にとって裸眼でも確認することができます。シュノーケリングのポイントとしても有名ですが、白い砂浜と青い空と海とのコントラストは別格といえるものでしょう。泳ぐのも楽しいのですが、海に浮かびながらそれをのんびりと眺めるというのも楽しみ方なのです。