久米島グルメ、車えび

のんびり、そして癒されたとしてもお腹は空きます。ここでお腹が満たされるかどうかで旅の印象は大きく変わってきます。沖縄というとブランド牛やブランド豚が人気を集めていますが、久米島は今車えびが熱いのです。

実は沖縄には天然の車えびというのは存在しません。久米島の車えびはすべて養殖物です。1985年に始まった久米島の車えびの養殖ですが、現在では生産量日本一を誇ります。沖縄の海に車えびがいないということは、沖縄の海に車えびは向いていないということになります。それがなぜ日本一の生産量になったかというと、それは海洋深層水です。海洋深層水は水深200m以上の深さの海水のことで、2000年もの時間をかけて地球をゆっくり循環しているといわれています。久米島では水深612mから引いています。ただでさえ美しいとされている久米島の海のさらに陸や大気からの汚れがない海洋深層水で育てられるのです。海水の表面に少ないミネラルが大量に含まれており、水温も安定しているため、健康で美味しい車えびが生まれているのです。

車えびは海老天や海老フライ、握り寿司などもお勧めですが、やはり塩焼きが一押しです。久米島名物ですので、島内いたるところで食べることができます。