沖縄、離島の魅力

沖縄というとサンゴ礁の島であり、海が綺麗ということで有名ですが、それが離島となると別格になります。沖縄本島は沖縄県の県庁所在地である那覇市があり、外国人も数多くいます。北部などにいけば、昔からの沖縄らしさ(琉球らしさ)が残っているところもありますが、都市化が進み、観光案内などで見られる“らしさ”というのは減っているのが現状です。

沖縄は同じ日本のな中でも南国に近い気候のエリアです。南国独特のゆったりとした空気を感じるために人気の観光スポットとして一年中多くの人が訪れます。沖縄はかつて琉球王国であった歴史があり、独自の雰囲気を楽しむことができます。さらに、沖縄には離島がたくさんあり、沖縄本島以外にもグルメや観光スポットがあります。沖縄本島から離島までは、一番近いところでは徒歩で行くことができ、遠いところでは船や飛行機での移動となります。

旅行で“遊ぶ”といいますが、本島での遊びと離島での遊びはまったく別物だと考えたほうがよろしいでしょう。離島の良さ、それは何も無いことであり、何もしないことです。本島にはレジャー施設はありますし、リゾート施設もあります。離島にもそれらは存在しますが、遊び方が違います。亜熱帯である沖縄の夏の日中の暑さは、日本本島とはレベルが違います。クーラーが普及していなかった時代、夏の日中には出歩かない、日陰でのんびりするということが当たり前だったのです。のんびりと外を眺めて時を過ごす。現代人にとって贅沢過ぎる時間の過ごし方だといえるでしょう。また、沖縄には独自のグルメがたくさんあり、特産品も存在しています。当サイトでは、離島を含めた沖縄の魅力や特産品の紹介をいたします。